SEASONAL JEWELRY

季節とジュエリーとわたし 

夏とジュエリーとわたし

遠くから、ミンミンと鳴くセミたちの合唱が聞こえる。
このガラスの向こう側はまるで砂漠のように暑いんだろうな、といつものお気に入りのカフェで外を見つめながら思う。

窓から目を離して、ふと目の前を見ると、うんうん悩みながらもにっこり笑顔の友人がいる。

大学の頃から一緒にいて、社会人になった今でもよくご飯やショッピングとかに出かけたりするのだけれど、今日はこの夏何をしようか、という予定を立てるために集まった。

ガイドブックやSNSの情報を見て考え始めたときまでは良かったけれど、やりたいことが多すぎて全然決まらない。
でも、楽しいことを考えているからか、二人とも顔は緩んでいるし、案もどんどん出てくる。

「やっぱり海は外せないよね。こないだ見た海岸近くのカフェ行ってさ、砂浜でのんびりしてみるのはどう?」

確かに。あそこのカフェ気になってたんだよね。海岸線を散歩して、夕日見ながらご飯食べるのもいいね。

「それいいね!綺麗な夕日みてみたいな。あ、海に行くならこないだ買ったあの白いワンピース着ていこうかな、なかなか着るタイミングがなくって…」

どこまでも続く青い空にわたがしのような白い雲、白い砂浜に透き通った海。 爽やかに吹き抜ける夏の風に、ふわりと軽やかに揺れる白いワンピースを思わず想像する。

今日みたいに、ちょっと大きめの揺れるピアスとか着けてみたらもう完璧。

思わず、夏だなぁとつぶやいてしまった。

「あとは…ひまわり畑にも行ってみたいし、かき氷も食べたいな。 夏祭りも行きたいし、夏の野外のイベントとかもいきたいね」

「…どうしよう。楽しい事が沢山あって全然決まらないよ」

尽きることない“この夏やりたいこと”に、今年の夏は楽しくなるなと確信しながら氷が解けて汗をかいたアイスティを飲み込んだ。

さあ、次の予定も決めて、この夏を一緒に楽しもう!


JEWELRY

of this month

吹き抜ける爽やかな風に心が躍る。
夏を彩るジュエリー

BACK NUMBER'19
  • 夏とジュエリーと私
  • 雨の日とジュエリーと私
  • ピクニックとジュエリーと私
BACK NUMBER'18
  • 季節と花-12月-
  • 季節と花-11月-
  • 季節と花-10月-
  • 季節と花-9月-
  • 季節と花-8月-
  • 季節と花-7月-
  • 季節と花-6月-
  • 季節と花-5月-
  • 季節と花-4月-
  • 季節と花-3月-
  • 季節と花-2月-
  • 季節と花-1月-